新鮮!取れたて魚介の海鮮丼

北海道と「海の幸」の関係性

北海道は他の都道府県と陸でつながっておらず、四方を海で囲まれています。そして、海沿いの街は昔から漁港都市として栄えてきました。なお各漁港そばには、現地の港で働く人々や観光客をターゲットにした飲食店が多数あります。また朝市にて新鮮な海鮮丼を提供しているような街も存在し、朝市は観光客の間で大人気なんです。ちなみに北海道の漁港都市で食べる新鮮な海鮮丼が格段に美味しいというのは錯覚ではありません。本州の海とは水温が大幅に異なる北海道の寒い海で泳ぐ魚は、寒い海の中を生き抜くために温暖な地域で泳ぐ魚より明確に多く脂肪分を蓄えています。さらに寒い海で毎日泳いでいるため実がひきしまっており、こういった点が北海道の海鮮丼が格段に美味しい理由です。

新鮮な海鮮丼を食べたいなら何処に行けばいいか?

美味しい海鮮丼目当てで北海道旅行をしたい場合、南部エリアで言うなら函館に行ってみるのがおすすめです。この街であれば冬に飛行機の欠航を心配することなく、関東や東北地方から新幹線でアクセスできます。さらに全国の主要空港から函館空港に向かう直行便が運航していますが、空港付近から市街地に向けて路面電車が走っているため西日本地域からでも日帰り旅行が可能です。続いて道央地域で言うと、新千歳空港から快速電車1本・約1時間半でアクセスできる小樽に行ってみるのが良いと思います。小樽は寿司をはじめとした海鮮料理が美味しい街として全国的に有名で、市街地には驚くほどたくさんの寿司店・海鮮料理店が出店しています。競争が激しい中でそれぞれの店が最高の食材を用意し最高のサービス環境にて日々の仕事にあたっていますので、評判の良い店では最高の体験ができるはずです。

知床ツアーは世界遺産や大自然を間近で体感できます。事前申し込みが必要ですが知床の魅力が凝縮されています。

© Copyright Big Hokkaido Trip. All Rights Reserved.